首こり肩こりと貧血の関係性

2018/03/12
首こり肩こりと貧血の関係性

こんにちは!

 

あっという間に3月もそろそろ半ばですね。

今から、桜の開花が楽しみです!

 

 

さて、今日は首こり、肩こりと女性に多い貧血との関係性についてです。

 

慢性的な首こり、肩こりが、実は鉄分不足から起きているかも!?

 

一般的に貧血とは、血液中のヘモグロビンの濃度が基準よりも低い状態のことを言います。

 

ヘモグロビンは、全身に酸素を運ぶという大切な役割をしています。

そのヘモグロビンの量が減ってしまうと、酸素を運ぶ力が弱まり、身体のアチコチで酸素不足になってしまいます。

すると、首や肩の筋肉が酸欠状態になり、疲労物質がうまく排出されず、首こり肩こりにつながるというわけです。

 

首こり肩こりだけでなく、普段から疲れが取れにくかったり、頭痛やめまい、耳鳴りなどの症状があったら、貧血を疑ってみた方が良いかもしれません。

貧血状態が改善されたら、今まで慢性的だった首こり肩こりが良くなったというケースもあるそうですよ!!

 

貧血にはレバー!が王道ですが、鉄分が不足してる方は動物性鉄分よりもパセリや小松菜などの葉野菜から摂取した方が吸収率が高くて、手っ取り早いそうです。

 

また、生理中は出血のため貧血状態になりやすく、首こり肩こりがいつもより激しくなるという人もいますよね。

特に生理のときは鉄分を意識した食事を心がけるようにしましょう。

 

 

症状があまりにも酷い場合は、子宮筋腫や子宮内膜症などの可能性があるので早めに受診されて下さいね!

 

では~

 

首肩こり専門サロン

いやしろち

さかえ