肩こりとバッグ

2018/04/22
肩こり バッグ

こんにちは!

今日は、夏ですね。

この陽気、ウキウキワクワクが止まりませんね!

でも、ちょっと早すぎね!

 

そして、もうすぐゴールデンウィークです!

大きな荷物を持って、どこか旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今日は、肩こりとバッグについてです。

 

施術をしていると、肩周りの筋肉の硬さに、左右差のある方が、けっこういます。というか、ほとんどです。

 

普段の姿勢や癖、内臓の疲れ、ストレスなどによって左右差が生じることもありますが、この左右差の原因の1つは、7~8割において、バッグを持つ方の肩!なのです。

 

リュック以外のバッグを使うとき、あなたはどちらの肩に、バッグをかけますか?

 

両方の肩で、交互に持ち替えます!って方は、ほとんどいないです。

 

ということは、左右どちらかの肩に、かけっぱなしということですね。

しかも、それは無意識な癖なので、長年に渡って、どちらかの肩だけを使ってきてるわけです。

 

 

例えば、バッグを左肩にかけている時、左右のバランスを取ろうとして、左の肩が上がり、力が入った状態になります。

また、バッグが落ちないように、左肩だけ前方にひねられて、巻き肩になって、身体が歪んだ状態になります。

長年、毎日、左肩でバッグを持っていると、その筋肉の緊張は徐々に蓄積され、首こり、肩こりの症状が現れるのです。

 

 

バッグによる、首こり、肩こりを緩和させるには、左右交互に、持ち替えることを意識しましょう!

 

斜めにかけるタイプのバッグも同じです。

このタイプも、かけてるほうの肩は、無意識に上がってしまうので、左右交互に持ちましょう。

 

ちなみに、肩がこるバッグの種類は

ショルダーバッグ > 斜めがけバッグ > リュック

 

やはり、リュックは、左右の肩に、均等に負担がかかるため、バランスがとりやすく肩や首への負担がグッと減ります。

ただ、ひもを長くして、荷物が身体の低い位置にあると、重みで前かがみになってしまって、せっかくのリュックが台無しになるので、要注意です。

 

 

いつも同じ側の、首や肩、背中がつらいな~と感じていたら、バッグの使い方や、種類を変えてみるのもいいですね~。

 

 

ではでは~

 

首肩こり専門サロン

いやしろち

さかえ

 

 

☆フェイスブックはじめました!

よかったら、ページいいねして下さい~